一番町商店街

f0236151_1517475.jpg


今回から不定期で仙台の商店街も紹介してゆきたいと思います。





仙台のアーケードはちょうどTの字を横にしたような形をしています。

アーケードを構成している商店街は全部で6つ。


南北に、
 ①一番町四丁目商店街
 ②一番町一番街商店街(ぶらんどーむ一番町商店街)
 ③サンモール一番町商店街 

(合わせて「一番町商店街」)


東西に、
 ④おおまち商店街
 ⑤クリスロード商店街
 ⑥名掛丁商店街(ハピナ名掛丁商店街)

です。



f0236151_1317067.jpg

全長にするとだいたい2kmくらいになります。

裏路地や横丁、ケヤキ並木を散歩したりと魅力もいっぱい。


そんな商店街で最初に紹介したいのは、なんといっても一番町商店街

最も古くからある商店街で、仙台で繁華街といえば何となく「一番町」という言葉が浮かんできます。

一番町商店街を構成する3つ商店街はそれぞれ次回から見て行くとして、今回は全体について書いてみます。



f0236151_13171325.jpg


一番町商店街は、もともと車道である「東一番丁通」沿いに並んでいる商店街でした。

(隣りに並走する「東二番丁通」(勾当台公園前を走る大通り)の方は、今でも車道ですね)

その東一番丁通が車通行禁止になって現在のアーケードになったわけです。

なので地理的には、「一番町商店街 = 東一番丁通沿いの商店街」でだいたい合っています。

ただ、東一番丁通のうち、南町通から東北大学北門までの間は今も車道のままです。




さらに元をたどれば、もともと東一番丁は侍が住む地域(「丁」は侍のエリア)でした。

それが戊辰戦争に敗れた後、困窮した士族がその東一番丁で商売を始め、「東一番丁 → 一番町」(「町」は商人のエリア)という名称になったのです。

仙台藩は奥羽越列藩同盟の盟主だったので、会津や長岡と並んで明治政府から受けた戦争責任が重かったんですね。。


以下は戦前から現在までの一番町の写真です。


f0236151_13172539.jpg

戦前の一番町商店街。

もちろんアーケードの屋根などありませんが、藤崎の位置は変わりません(手前を横切るのが青葉通り)。

西内?の看板がある建物の場所は、現在のGAPですね。




f0236151_13173519.jpg

昭和29年の写真。

店先のみアーケードが完成。中央には依然として車道があるのが分かります。


・・・それが昭和45年に土日限定の歩行者天国となり、次第に現在の歩行者専用のアーケードへと変わっていったようです。




f0236151_13174462.jpg

昭和47年、歩行者天国の東一番丁通を歩く人達。

推測ですが、左奥に見えてるコンクリートの建物は電力ビルで、工事中の空き地がFORUSではないでしょうか?

ってことは、ココが40年近く前のいわゆる「フォーラス前」ということに!





f0236151_13175217.jpg

昭和54年、ついに歩行者専用の通りとなりました。当時は「買物公園」と呼んでいたそう。

ぶらんどーむ一番町おなじみの時計台も確認できます。





f0236151_1318094.jpg

平成5年、ようやく現在の一番町商店街の姿にー



次回の商店街シリーズでは一番町各論、最初は一番町四丁目商店街をレポートしたいと思います!


(撮影:PENTAX K-5)






by shinjiro7633yc | 2011-06-15 23:13 | - 仙台の風景


仙台での生活ブログ


by shinjiro7633yc

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

- ブログの紹介
- 仙台の風景
- 片平地区
- 施設・建物
- イベント
- グルメ・酒
- 宮城県
- 青森県
- 秋田県
- 岩手県
- 山形県
- 福島県
- 番外編
- 雑記

タグ

(18)
(15)
(13)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング

カメラボディ-
PENTAX K-5 II s

交換レンズ-
SIGMA17-50mmF2.8EX DC HSM
SIGMA10-20mmF3.5EX DC HSM

コンパクトカメラ-
Sony RX-100Mk-II
Sony TX-30

検索

その他のジャンル

画像一覧