現地へ-

再びボランティアに訪れようと思っている被災地。

現地には様々な経験があり、私も滞在していた二週間本当に色々なことを考えさせられました。







沢山の涙と笑顔、絶望と希望の併存- 一人ひとり異なる被災状況、様々な感情や価値観が混沌としていて、
何事についても一義的な答えが定まりません。支援地においても情報は様々です。

そういった現状を整理し、何ができるか模索することは難しいことですが-

ただ、現地で多くの方と接して感じたことがあります。

それは、例えほんの数分だけでもいいから被災地に来てほしい。
生きているその身体で、五感全体でこの混沌とした現状を感じてほしいということでした。


何往復も瓦礫の山を登っては使えなくなった家具を捨てている少年。
瓦礫から僅かに見えるブランコを指差し、「ここ小さいけど公園だったんだよ」。

どんなに鮮明な映像でも、古びた白黒写真ほどにも伝わらない。

GWを前に仙台にも多くの人が戻られると思います。
その際には僅かな時間だけでも現地の状況を確認した上で足を運んで頂ければ-

きっとそれが復興の力になるのだと信じています。
by shinjiro7633yc | 2011-04-23 01:08 | - 雑記


仙台での生活ブログ


by shinjiro7633yc

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

- ブログの紹介
- 仙台の風景
- 片平地区
- 施設・建物
- イベント
- グルメ・酒
- 宮城県
- 青森県
- 秋田県
- 岩手県
- 山形県
- 福島県
- 番外編
- 雑記

タグ

(18)
(15)
(13)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング

カメラボディ-
PENTAX K-5 II s

交換レンズ-
SIGMA17-50mmF2.8EX DC HSM
SIGMA10-20mmF3.5EX DC HSM

コンパクトカメラ-
Sony RX-100Mk-II
Sony TX-30

検索

その他のジャンル

画像一覧